パジャマのプレゼントは嬉しくない?嬉しい?それぞれの理由まとめ

パジャマのプレゼントは嬉しくない?嬉しい?それぞれの理由まとめ

生活
記事内に広告が含まれています。

 

パジャマをプレゼントするのは、意外と難しいものです。

相手に合っていないものを選んでしまうと、場合によれば不快感や誤解を招くことも。

でも、相手の生活感に合ったものを選べば、パジャマは心温まる贈り物になります。

 

この記事ではパジャマのプレゼントが嬉しくない理由、反対に嬉しい理由をまとめています。

大切な人へパジャマをプレゼントしようと考えている人の参考に少しでもなれば幸いです。

 

スポンサーリンク

パジャマのプレゼントが嬉しくない理由

 

パジャマをプレゼントされても、場合によると嬉しくない…ちょっと微妙…と思われれたりすることがあります。

その理由を挙げていきましょう。

 

パジャマは着ない

「普段からパジャマなんて着ない」という人もいて、最近はパジャマよりも部屋着で寝る人が増えています。

夏はTシャツと短パン、冬はスウェットなどで済ませたりすることも多いでしょう。

パジャマの良いところは、寝るときの気分転換や快適さなのですが、それで洗濯物が増えるのがダルいという人も多いのが現実。

なので、そういう生活スタイルの人にパジャマをプレゼントしても、着ることもなく、タンスの肥やしになってしまうので、喜ばれない可能性大です。

 

プレゼント前に、相手の寝る時のスタイルをチェックするのがおすすめです。

 

重いと感じてしまう

パジャマをプレゼントするのは、意外と重いと思われがち。

特に、まだ付き合ってない異性やそれほど親しくない人からのプレゼントとしては、少し距離感が近すぎると戸惑ってしまうことがあります。

「重い」と感じたり、「変な意味で渡されたのかな」と思ってしまうことも。

なので、パジャマを選ぶ前にはその人とどんな間柄なのか、よく考えてみましょう。

 

サイズが合わない

パジャマはリラックスするためのものなので、サイズが合わないと不快感を感じるかもしれません。

小さすぎると窮屈に感じるし、大きすぎるとだらしなく見えてしまう可能性も。

サイズを聞ける関係性ならベストですが、なかなか聞くのが難しいこともあります。

そんな時は、最初から他のプレゼントを考えた方が喜ばれるかも知れません。

 

デザインや生地が好みじゃない

パジャマのデザインはとても重要です。

特に派手な柄や、あまりにもシンプル過ぎるデザインは、人によっては好まれないことも。

柄や色が相手の好みに合わないものを選ぶとあまり喜ばれないかも知れません。

 

また、生地のこだわりも大事で、肌触りが良くないと感じたり、肌に合わない素材もあります。

季節によって適した素材が変わるので、それを考慮しないと実用性が低くなってしまいます。

デザインや生地は、普段相手がどんな着ている服をチェックしておくのがいいですね。

 

サプライズ感がない

「パジャマか…もうちょっとサプライズ感があると嬉しいのになぁ。」

と、パジャマは実用的である一方で、プレゼントとしてはサプライズ感が少ないかもしれません。

特に記念日や特別な機会の贈り物としては、もっとユニークで思い出に残るようなアイテムを期待する人もいるでしょう。

 

入院を連想させる

「パジャマのプレゼントは入院が長い」という意味に取られる場合もあります。

誰もが健康でいたい時に、そんな暗示を与えるようなプレゼントは、ちょっと考えものかも。

特に体調を崩してる人には、元気になるような癒しグッズとか別のプレゼントを考えてみてはどうでしょうか。

きっと、心が温まるはずです。

 

パジャマのプレゼントが嬉しい理由

もちろん、誰もがパジャマをもらって上記に挙げたような微妙な気持ちになるわけではありません。

実は、パジャマって意外と貰うと嬉しいアイテムだったりします。

パジャマをプレゼントされると嬉しいと思われる理由を、いくつか挙げていきましょう。

 

高級感のあるパジャマだと嬉しい

自分用のパジャマ選ぶ時って、どうしても安いものを選びがちになりませんか?

でもたまには、少し高い贅沢なパジャマを着てみたいと思うこと、ありますよね。

なかなか自分では買わない高級なパジャマをもらったら、今夜は少し贅沢な気分で寝れるかも…と思えてしまいます。

 

洗い替えがあると嬉しい

パジャマは実は洗い替えがあるとすごく便利なアイテムなんです。

寝ている間に汗をかいたりするから、できればこまめに洗濯したいもの。

それに、自分ではなかなか選ばないようなお洒落で高級感のあるパジャマをもらうと、新鮮でテンション上がる人も多いものです。

 

お揃いだと嬉しい

カップルや夫婦には、お揃いのパジャマが喜ばれることもあります。

サイズも色々あるので、選ぶのも楽しくなってきます。

特別感のあるペアルックは二人の関係をさらに深いものにしてくれるかも知れません。

だから、パジャマは想いを込めたプレゼントとしても最適なんですね。

 

年代別おすすめパジャマ

パジャマをプレゼントする時は、年代ごとに相応しいブランドや素材を選ぶのもポイントです。

以下に年代別のおすすめをご紹介します。

 

10代~20代

10代~20代であれば、ブランドとしては「UNIQLO」のエアリズムコットンパジャマや「GAP」などが人気で、お手頃な価格で機能的、なおかつスタイリッシュなデザインも豊富に揃っています。

素材は柔らかいコットンやモダールが快適でおすすめです。

また、Gelato Pique(ジェラートピケ)の柔らかな着心地と可愛らしいデザインは、プレゼントとしても大人気です。

 

30代~40代

30代~40代は、上質な睡眠をサポートする少し高級なものが良いでしょう。

「MUJI」「Polo Ralph Lauren」「N Natori」「Calvin Klein」のようなブランドは、コットンやシルク混紡などの上質な素材、シンプルながら洗練されたデザインが魅力です。

 

50代以上

50代以上では、快適さと機能性を備えたパジャマが喜ばれます。

「LL Bean」や「Land’s End」は、耐久性がありながら肌ざわりが良く、保温性にも優れています。

素材は柔らかく暖かいフランネルや、通気性の良いピマコットンが理想的です。

また、シルクや上質な綿素材を取り入れたデザインは、年齢を重ねた肌に対する配慮を感じさせる選択と言えるでしょう。

 

各年代に合わせたブランドや素材を選ぶことで、パジャマはより心地よく、実用的なプレゼントになるでしょう。

 

まとめ

パジャマのプレゼントが嬉しくない理由と嬉しい理由をまとめてみました。

これらの理由を踏まえると、パジャマをプレゼントする際には、相手の好みや関係性、さらにはその状況をよく考慮することが大切だと感じます。

パジャマは毎日使うものだし、いくつあっても困らないと思えるアイテムですが、パジャマにこだわりがある人や、普段着用しなかったりする人には貰っても使ってもらえないことも。

贈る側の心遣いが伝わるような選び方をすることで、パジャマはきっと喜ばれるプレゼントになるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました