【訃報】知床の観光船沈没事故、やっぱり人災。元船長が衝撃証言

トレンドニュース
no title

【訃報】知床の観光船沈没、やっぱり人災。元船長が証言

1: それでも動く名無し 2022/04/25(月) 13:28:18.00 ID:9IwXkwba0

元船長が“実態”証言…波があって出航やめると、社長は「何で出さないんだ」と叱責も

 北海道の知床半島の沖合で遭難した観光船…2016年から5年間、船長だった51歳の男性が運航会社の“実態”を証言しました。

 男性は2016年から5年間、遭難した「KAZUⅠ(カズワン)」19トンの船長で、経営者が変わったあとの去年3月、契約を打ち切られたといいます。

◆今回の遭難を聞いて…
「『やっぱりか』です。『やっぱり、やったか』と。長い間、勤めていたけど、去年3月で契約を解除された。人が総入れ替えになって、今は教える人間がいない」

◆おととし7月に船舶免許を持つ3人が見習いで入り、そのうちの1人が今回、遭難した船長の豊田さん

「去年6月に事故を起こしていて、船をあげて修理している状態を見たけど、見たら、船にある亜鉛版をおととしのまま変えていなかった。これは毎年変えるもの」

※亜鉛板は、船体の腐食を防ぐために貼り付けるもので、船体の代わりに亜鉛板が腐食してくれる役割

「僕がいたときは、事務所に長く勤めていた人がいたから、手直しもできていたし、手に負えなければ、業者がやっていたけど、今見ている感じだと何もしていない」
「豊田さんは、僕がいた最後の年の夏に雇用された。半年、甲板員をやって、すぐ船長をやった。教えられるほど、教えていないと思う」
「もう一隻の観光船『KAZUⅢ』の船長は(豊田さんは)そこそこ運転できるんじゃないかとは言っていた」

◆漁船が引き返す中の出航だったが…
「(その日の出航を決めるのは)船長の権限、いい波か、悪い波か、判断できないうちは、船長をやるべきじゃない」
「あのときは『KAZUⅠ』だけ出航していた、他の船も出ていれば助けてあげられたけど」
「天候次第で、皆で(今日は出航を)やめようとか決めるけど、それぞれのコースによって出すこともある、客の奪い合いとかはない」

◆今の経営者は…
「今の運航会社の社長は、船のことも、海のことも知らない」
「お金にだらしない人。銀行で金を借りていたけど、去年、おととしくらいから経営が上手くいかずに、常に『お金がない』と話していた」
「波があって出航をやめたときも、社長には『何で出さないんだ』と言われていた」
「経営は厳しく『銀行からお金が借りられない』と言っていた」
「僕がいる間は、無事故の会社だった」
「室内船は、乗船時はライフジャケットの着用義務はない」
「知床岬コースは、長いし、人気のコース。社長が変わってから、4月からやるようになった」
「当初は、4~5月は海が冷たくて、時化るため、6月まで運航していなかったコース」
「クマがほぼ見られることや、時間が長いコースであることから、人気のため、他の会社もやってるし、GW中にも出すように変えた」

https://news.yahoo.co.jp/articles/a7482e5a98027da556dbfc170f1b4fae526f00cc

関連記事

【速報】知床観光船沈没事故、乗客に衝撃の人物がいた・・・

【速報】知床の観光船浸水沈没事故、最後のメッセージがヤバ過ぎる・・・

【訃報】知床の観光遊覧船事故、関係者が爆弾発言・・・・・・ 

【唖然】知床観光船沈没事故について報道されていないことを書く…

【超衝撃】知床で事故った遊覧船のツアー、驚きの詳細がこちら・・・・・・

【速報】知床の観光船沈没事故、自業自得だった模様・・・


続きを読む
Source: NEWSまとめもりー|2chまとめブログ
【訃報】知床の観光船沈没事故、やっぱり人災。元船長が衝撃証言